石川県立金沢二水高等学校同窓会

kanazawa nisui Highschool Alumni Association.

同窓会組織

NEW
●会長挨拶


正木 明

同窓会活動を継続し、
さらに発展させましょう

 昨年度は創立70周年記念の年にあたり、同窓会では、学校へのマイクロバスの寄贈、創立記念祝賀会、記念美術展そして合唱部と共催で記念コンサートを開催することができました。また年会費の総額が、480万円となり、前年度を100万円も上回り、これも皆様方が母校の創立70周年を祝おうという温かいお気持ちの賜物と感謝いたしております。
 今年は、平成から令和という、時代の転換点になる年であり、高齢化と人口減少が心配されている時代でもあります。そのような中、二水高校は、「自由、闊達、明朗、真摯、清新」の心意気をもって、昭和、平成、令和の各時代に2万数千人の卒業生を輩出し、 各地で活躍されておられます。 同窓会は会員相互の親睦を図るとともに、母校の発展に貢献することを目的にし、予算でも、毎年、在校生の国際理解のための講演会やクリエイティブ人材の養成のために100万円、庭園整備に10万円を当てています。親睦のためには、同期会の開催の経費を助成しております。
 また今回の総会で、母校創立80周年に向けて資金を準備することと、振込手数料の値上げ、消費税の値上げ等により、令和二年度から年会費を一口2千円とすることが決まりました。皆様方にご負担をおかけすることとなりますが、これまでの活動を維持・発展させるために、ご協力の程お願いいたします。
 今回の選ばれました役員は、若い役員で構成されており、70周年記念事業を成功に導いた坂井前会長はじめ、前役員の皆様の母校を愛する気持ちを引き継ぎ、これから2年間、同窓会の運営に努力してまいりますので、皆様方のご指導ご鞭撻をいただきますようお願いいたします。

二水同窓会会長 正木 明